舌癌の原因と予防法

舌癌(ぜつがん)の原因

舌癌(がん)の原因としては喫煙、飲酒が関係しているといわれますが、歯並びの悪い歯、金歯、合わない入れ歯などが舌を刺激するなどの慢性的な刺激が、より強い危険因子になると考えられています。

また、化学的刺激として、刺激の強い香辛料、酸味・アルカリ分の強いもの、高塩分の食品、浸透圧の強い飲食品、酸味やアルカリ分の強いもの、石灰などを含む嗜好品などによっても、口腔内の粘膜を傷つける可能性があり、舌癌(ぜつがん)の原因となることがあります。

舌癌(ぜつがん)の予防

舌癌(ぜつがん)の予防には、生活習慣と食生活が重要となります。

口腔内衛生に気をつけ、食事の後には歯を磨く習慣をつけるなど、細菌感染や虫歯を予防する事が必要です。

改善できる生活習慣では、禁煙や禁酒、バランスのよい食生活を心がけるなどといった事が挙げられます。

また、過度に熱いものや冷たいもの、多く香辛料が入っているもの、高塩分食品は避けるようにしましょう。

投稿日:

Copyright© 舌癌GUIDE , 2018 All Rights Reserved.