舌癌の初期症状

舌癌(ぜつがん)の初期の自覚症状は、アフタ性口内炎と間違えやすいといわれており、病態を放置していると進行ガンになってしまいます。なお、舌癌は舌の縁に最も多く発生します。

以下、舌癌の初期症状の例をいくつか紹介します。

  • 舌がざらざらする
  • 白い斑点が見られる
  • 表面に白い厚皮がはったようになる
  • 表面の皮がこすれたように赤くなる
  • 隆起
  • 小さなしこり
  • 口腔内の痛み
  • 冷たい食べ物や辛いもの、酸味のあるものを食べると、しみる
  • 出血を伴う
  • 口臭が強くなる

痛みは人によってあったり無かったりで、悪性かどうかを判断する決め手にはなりません。

舌や歯肉などにしこりがあったり、治りにくい潰瘍があったり、また、剥がれにくい白い膜があったりする場合には、早めに診察をうけることをお勧めします。

舌や頬の粘膜の白斑は”白板症”といわれ、一部のものは癌(がん)であったり、癌(がん)になる前段階のものであったりするので、細胞をとって調べる必要があります。

しこりに痛みが無かったため放置していた、という方が時々見受けられますが、放置していて進行させてしまうことは、治療を難しくする最大の要因ですので、そのようなことがないよう、早めに診察へ行かれる事をオススメします。

関連記事:『舌癌その後の症状』

投稿日:

Copyright© 舌癌GUIDE , 2018 All Rights Reserved.