なぜ虫歯の放置が舌癌(ぜつがん)の原因になるのか?

投稿日:

虫歯の放置と舌癌(ぜつがん)

https://zetugan.gan1.org

舌癌(ぜつがん)の原因については、様々な因子が絡んでいますが、虫歯の放置や口内の不衛生なども原因となりえます。

虫歯が必ず舌癌を引き起こすわけではありませんが、舌癌を引き起こす原因の一つになりえるのです。

なぜ虫歯を放置していると舌癌になる可能性があるのか?

ご存知の通り、虫歯は放置していて治るものではありません。

始めは小さかった虫歯も、治療をせずに放置していると、大きな虫歯となり穴が開いたり歯の一部が欠けてしまいます。

特に下の奥歯は大きな虫歯になることが多く、舌の縁(ふち)が擦れやすい場所でもあります。



軽くこすれる程度であれば、さほど痛みは感じませんが、舌は食事や会話のたびに日々何度も動かしています。

毎日何度もこすれているまま、さほど痛くはないからといって何ヶ月や何年も放置していると、舌に大きなダメージを引き起こしていきます。

こうした刺激により、舌表面の細胞が変化し、がん細胞になってしまう可能性がでてくるのです。

治療と定期検診が大切です

歯医者に行くことを嫌がり、虫歯を放置している方もいますが、先に述べたとおり、虫歯は自然に治ることはなく、悪化させることで他の病気を引き起こしてしまう要因になりえます。

また、仮に虫歯がなかったとしても、歯科医へ行けば健診と口内の清掃なども行ってもらえます。

虫歯の治療や定期健診の際に異常がみつかり、早期発見となる事もありますので、虫歯があるならば一刻も早く治療をしてもらい、定期的に受診を受けるようにしましょう。

-原因と予防
-,

Copyright© 舌癌GUIDE , 2018 All Rights Reserved.